(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){ (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o), m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m) })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga'); var dimensionValuePlanId = '2'; var dimensionValueInactive = 'none'; var dimensionValueSmpTemplateId = 'none'; var dimensionValuePromotionPlus = 'none'; var dimensionValueTestPattern = 'none'; var dimensionValueAuthority = 'none'; ga('create', 'UA-26106898-2', {'name': 'jugemTracker'}, {'allowLinker': true}); ga('jugemTracker.require', 'linker'); ga('jugemTracker.linker:autoLink', ['jugem.jp', 'jugemkey.jp', 'support.paperboy.co.jp'], false, true); ga('jugemTracker.set', 'dimension1', dimensionValuePlanId); ga('jugemTracker.set', 'dimension2', dimensionValueInactive); ga('jugemTracker.set', 'dimension3', dimensionValueSmpTemplateId); ga('jugemTracker.set', 'dimension8', dimensionValuePromotionPlus); ga('jugemTracker.set', 'dimension9', dimensionValueTestPattern); ga('jugemTracker.set', 'dimension10', dimensionValueAuthority); ga('jugemTracker.send', 'pageview'); window.onerror = function(msg, url, line) { ga("jugemTracker.send", "exception", { "exDescription": "@" + window.location.href + ";" + msg + ";" + url + ";" + line }); return true; };

長府とダイキンのエアコン

  • 2018.06.03 Sunday
  • 16:11

長府のエアコンクリーニングは年数件くらいしかないですが、

 

ダイキンのエアコンはほぼ毎日という週もあります。

 

個人的にどちらが好きかとなれば断然長府ですね。

 

今回、リピーター様の長府のエアコンをクリーニングして感じたことは分解がしやすいくシンプルですね。

 

このエアコン、壁側にピタッと取り付けていても基板からコネクターを抜き差しするのに非常に簡単です。

 

 

 

 

コネクターを抜くときは全て熱交換器側に引っ張ります。ですので壁とエアコンがくっついていても大丈夫です。

 

この辺は他のメーカーも見習ってほしいところです。

 

僕が思うちょっと考えてほしい所は旧態依然のドレンホースのビス止め。

 

三菱方式がいいですね。

 

長府にはフィルター自動掃除エアコンもあるみたいですが、分解がやりやすいのでしょうか?

 

そしてダイキンのエアコン。AN40LRP-W

 

 

このエアコンは年間10数台くらいクリーニングしますが、ほとんど汚れがいっぱい付着しております。

 

とくにロボットは活躍しておりませんね。本当に必要なんですかね?

 

 

このエアコンはまだましな方でもっと汚れている同機種があります。

 

この汚れではファン吹き出し口ケースも汚れています。

 

 

 

吹き出し口ケースは前後ドレンパンが一体でできていますが、おおよそ3ピースになっております。

 

 

ダイキンのノーマルエアコンより複雑な構造でいたるところがカビ汚れです。 本当に必要なんですかね?

 

シンプルでカビが発生しないエアコン作りができないんでしょうか?

 

 

 

 

 

ここまで分解洗浄をすれば新品のような状態に戻すことができます。

 

しかしクリーニング料金が高いのがネックです。

 

2万円以下で完全分解クリーニングができるようにただいま模索中です。

 

エアコン買いかえるならノーマルエアコンがいいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM